文化シャッター

文化シャッター

文化シャッター

文化シヤッターは家庭、ビジネスどちらにも対応した安全面にも十分考慮されたシャッターを販売・施工しています。修理や点検の対応も年中無休で対応しているため、こちらもシャッター修理で大いに頼れます。

 

頼れる修理サービス

文化シヤッターでは、文化シヤッターから購入されたシャッターはもちろん、どこのメーカーのシャッターか分からなくても相談に応じてくれます。シャッターは時に危険な事故をおこす可能性があるため、異物を挟んだり、電動シャッターが下降中に何かにぶつかったらきちんと止まるようになってくれなければいけません

 

動作の不安定さや異音が気になったら早めに文化シヤッターに修理の相談をして、最悪のトラブルを避けましょう。24時間365日対応してくれるので、急にシャッターに車やトラックをぶつけてしまっても、急に電動シャッターが動かなくなってしまっても、迅速に対応してもらえます。万が一動かなくなってしまったときのために、手動でシャッターを動かす方法も把握しておくと無難です。

 

文化シヤッターへの修理や相談の方法

文化シヤッターにシャッター修理を依頼するには電話をするのが一番です。インターネット上から相談することもできますが、基本的に電動シャッターのトラブルや倉庫のシャッタートラブルは迅速な対応をする必要があるため、電話で連絡をして最寄りのサービスセンターから対応してもらうのが一番です。

 

電動シャッターは便利ですが、動作音の問題や経年劣化、漏電による家事の危険など手動では起こらないはずのトラブルが増えるリスクがあります。そのため、電動シャッターへの改修をするのも便利ではありますが、どの程度の頻度でシャッターを使うか考えてから交換や改修を決めると良いでしょう。

 

日々の安全点検と修理

修理やメンテナンスを依頼する目安として、文化シヤッターではいくつかのチェック項目があげられています。完全にシャッターが壊れる前にメンテナンスをすれば破損を防げることは多いので、日頃の点検も大切にしてください。

 

シャッターを完全にあげたときの停止位置、動作中の異音チェック、外観の変化、シャッターの歪みは特に重要なチェックポイントで、過去に一度でもシャッターの下降ラインに物を置いてしまって、シャッターで挟んでしまったという経験があれば、若干歪みが見えないところで発生している可能性もあります。

 

こうしたちょっとしたトラブルがあれば、大きな事故を招く前に修理や点検をしておきましょう。

 

まとめ

文化シヤッターでも、シャッター修理やメンテナンスを行っています。大きなシャッター故障に繋がる前に、早めにメンテナンスと点検をしてもらい、必要に応じて修理、改修を行うのがベストです。

 

文化シャッター

比較ページへのリンク画像