重量シャッターとは?どこで使ってるの?

重量シャッターとは?どこで使ってるの?

重量シャッターとは?どこで使ってるの?

たくさんあるシャッターの中のひとつに重量シャッターというものがあります。修理やメンテナンスが大切なシャッターで、壊れる前に異常に気づいて修理をすればトラブルを無くすことができます。

 

建物の外壁付近に使われる

重量シャッターは建物の出入口や、防火区画に設置されることが多く、きちんと動作することを確認できないといけないものなので、メンテナンスや点検が欠かせません

 

家庭で重量シャッターを使うことはまずないですが、小中学校や公的機関など、大勢の人が滞在するような場所ではよく見かけます。火事の時には、この重量シャッターを使うことで延焼を防げるため、防火管理に欠かせないシャッターです。

 

軽量シャッターは店舗に多い

よくテナントや小さな倉庫に使用されているのが、軽量シャッターやオーバーヘッドドアです。小規模のお店では軽量シャッターがよく使用されており、最も多くの方がシャッターと聞いてイメージするのがこの軽量シャッターです。

 

オーバーヘッドドアもシャッターの一部に分類され、消防車の入っている車庫、一般家庭の少し大きい車庫などで使われることもあり、ドアをそのまま上に収納するのが特徴です。

 

軽量シャッター、重量シャッターは使用される場所も異なりますが、防火や安全のために使われるというのは同じで、きちんとメンテナンスできていれば問題ありません。

 

シャッターはいざという時に使えないとダメ

重量シャッターも軽量シャッターも日頃メンテナンスしていても、いざという時に使えなければ意味が無いため、定期的なチェックとプロによる点検やメンテナンスが必要です。シャッター修理専門業者に相談すれば、重量シャッターも軽量シャッターも対処してもらえるため、最もコストを抑えてもらえる業者を見つけて依頼するのが良いでしょう。

 

重量シャッターのような防火の役目があるものは、プロに任せるのが倫理的に大切ですが、軽量シャッターくらいであれば、どんなシャッター修理業者でも頼りにできるはずです。車の車庫のシャッターは、軽量シャッターに属するので、それを理解してシャッター修理の依頼をすれば、訪問見積もりまでもスムーズにできるようになるはずです。

 

まとめ

重量シャッターは一般家庭で使用することはあまりないですが、防火目的で使われるものは日頃のメンテナンスができていないと危険なので、油断せずに点検、修理を行いましょう。

比較ページへのリンク画像