最新シャッターの便利さと耐久性

最新シャッターの便利さと耐久性

最新シャッターの便利さと耐久性

最新のシャッターにはこれまでのシャッターにはない機能が追加され、安全性も耐久性も向上しています。古くて重い手動シャッターを修理するくらいならば、新品の高性能なシャッターに切り替えたほうが良いです。

 

安全性能が高まった

シャッターのよる事故は少ないですが起こっています。

 

人が挟まったり、指を挟んだりするだけではなく、大切な荷物や宅配便がシャッターの下敷きになってだめになってしまったり、シャッターがきちんと動作しなかったせいで倉庫内のものがだめになってしまったりと、安全と利便性を追求して作られたシャッターが原因でトラブルが余計に起きてしまうこともありましたが、近年の最新シャッターはさらに安全性が高まっているので、事故を起こす危険が減っています。

 

シャッター開閉中に何かがぶつかったらその瞬間に動作が停止するようなものや、シャッター動作中に何かが横切ったらシャッターが自動停止するようなものまであり、事故を確実に減らそうとするメーカーの強い意志も感じられます。

 

軽量化と耐久性アップもすごい

倉庫や車庫のシャッターはある程度重量がないと防犯の意味が無いように思えますが、あまりにも重量がありすぎても手動シャッターの場合は開閉が大変です。近年は軽量化された頑丈な素材を使用しているため、簡単には破損せず、シャッターの開閉も楽で、開閉時の音も静かになっています。

 

耐久性についても塗装や素材そのものの性能がアップしているため、数十年は金属表面のお手入れをしなくてもその状態を維持できる物もあります。直射日光がずっと当たるような環境でもそれに耐えられるようなものすらあるため、場所、環境を問わず、様々な場所で屈強なシャッターを使用できます。

 

電動シャッターが便利

手動シャッターは運営コストがあまりかからないという魅力がありますが、電動シャッターに比べると重たく、開閉するだけで疲れてしまう人もいます。電動シャッターならばボタン一つで開閉できるので、子どもを抱っこしながらでも、荷物を持ちながらでも片手でシャッターを開閉できるので、とても便利です。

 

もちろん電気代がかかる上、故障した時の修理代金が高くなりますが、日頃の便利さは大きい魅力です。耐久性も十分あるので、電動シャッターに交換するという選択肢も忘れてはいけません。

 

まとめ

シャッター修理を業者に依頼する場合は、修理だけでなく、シャッターの交換もできる業者を選んだほうが良いです。耐久性があり、軽量化された最新の頑丈な素材を使っているシャッターは、より長く安全に使い続けられて、故障知らずでしょう。

比較ページへのリンク画像