シャッター修理にかかる費用相場

シャッター修理にかかる費用相場

シャッター修理にかかる費用相場

シャッター修理を依頼する時に気になるのが、その修理費用、改修費用ですが、だいたい相場が分かっているので、その金額を基準に考えて、シャッター修理業者を選ぶようにしてください。

 

手動シャッターの修理相場

手動シャッター修理にかかる費用はだいたい5万円から10万円といわれています。安く済む場合は、2万円から5万円ほどで、交換だけでなく撤去費用がかかるような場合はそれだけ費用が高くなります。

 

故障した部位がどこなのか、パーツ交換だけで良いのかシャッターそのものを交換する必要があるのかで、金額が変わってくるので注意しましょう。たいてい、シャッター修理業者に相談した時点でだいたいの金額がわかるので、最初の訪問見積もりの時にしっかりチェックしてもらいましょう。

 

この時の見積もり金額は業者によって差があるので、最低でも3社ほどは比較してどれくらい差が出るか確認しましょう。

 

電動シャッターは修理費用も高額

手動シャッターに比べて、電動シャッターは修理費用が10万円から20万円かかるのが相場と言われており、かなりの資金が必要になります。電動シャッターは一度壊れてしまうと手動で動かせないものもあるので、購入する時にしっかり検討する必要があります。

 

電動シャッターの故障部位に多いのが、配線のショート、劣化、軸受部分の破損で、電気系統に異常が起きなければそこまで心配することはありません。どうしても修理費用が高くなってしまうので、電動シャッターに異常が生じている場合には、早めに原因を見つけて、シャッターを購入した会社やメーカーに相談しておくのが無難です。

 

保証がある場合は、無料で修理してもらえるため、安易に業者に依頼しないほうが良いこともあります。

 

シャッター修理は最低5万円かかる!?

シャッター修理をする時、手動シャッターでも電動シャッターでも修理や交換には5万円ほどかかると思ったほうが無難です。手動シャッターは安ければ2万円ほどで修理が完了することもありますが、内部構造が破損した場合は特に費用が高くなるので、早めのチェックとシャッター修理業者への相談が大切です。

 

修理費用が高すぎる場合は、しばらくシャッターを使えなくなりますが、車庫や窓など安全のためには修理をした方がよいです。

 

まとめ

シャッター修理には最低でも5万円はかかると考えておけば、手動シャッターの修理は十分できるはずです。

比較ページへのリンク画像