シャッターを使う時に気をつけること

シャッターを使う時に気をつけること

シャッターを使う時に気をつけること

シャッターを使う時は、日頃から使い方に気をつけていれば故障を避けることができ、メンテナンスや点検の頻度も減らすことができます。安全にシャッターを使ってできるだけ壊れないようにしましょう。

 

シャッターを丁寧に使おう

車庫や窓のシャッターは家庭で使用される事が多く、あまりメンテナンスをする人も少ないため故障が起こることが多いです。掃除やメンテナンス、定期的な点検も大切で、シャッターのスライドする部分の汚れをとったり、オイルをさしたりするようなメンテナンスが必要です。

 

さすがに毎日メンテナンスをする必要はないですが、汚れがあればとり、シャッターを開閉する時は優しく扱って、ガタンガタン音を立てずに、ガタガタぶつけながら使わないようにするのも大切です。シャッターに寄りかかったり、シャッターに何かをぶつけたりするのは避けましょう。

 

シャッターは毎年メンテナンスしよう

車やバイクほどではないですが、最低でも1年に1回はシャッターのメンテナンスをすると、シャッター故障などのトラブルを最小限に抑えられます。毎年1回は異音の確認や動作不良がないか確認し、動かしにくいような時は早めにメーカーやシャッター施工会社に点検をしてもらいましょう。

 

5年ほどは保証期間として修理や改修に応じてくれることが多いので、こまめにチェックしておけば、故障がひどくなる前に安く修理に出せます。シャッター修理業者はこまめな対応やメンテナンスにも対応してくれるので、最初は気軽な相談からはじめて、いざという時にスピーディーに修理依頼が出せるようにすると無難です。

 

シャッターでものを挟まないように

シャッターは意外と壊れやすく、ダンボールや車などをシャッター開閉の時に挟んでしまうと部分的に負荷がかかって、シャッターが歪んでしまうことがあります。1回挟んだくらいならば壊れはしないですが、シャッターのスライド部分に何かが挟まったり、洋服や布などを噛んでしまうとそれだけで修理するのが大変になります。

 

シャッターで何かを挟んでしまうのは避けて、開閉する時には特に注意して扱いましょう。スライド部分も、シャッターの真下にも気をつけて扱い方は特にゆとりを持っておいてください。

 

まとめ

シャッターを使用する時は、ちょっとの事を気をつけるだけでそうとう故障のリスクを減らせます。修理が必要にならないようにするのが大切なので、メンテナンスや点検は特に意識しておいてください。

比較ページへのリンク画像