シャッター修理できない時の対応

シャッター修理できない時の対応

シャッター修理できない時の対応

シャッターが壊れて、すぐに修理に来てもらえれば良いですが、たいていは即日相談ができて、修理日が次の日、2日後になります。シャッター修理ができない時は、他の方法で車庫や窓のシャッターを活用するしかありません。

 

シャッター修理が早い業者を見つけよう

相談しただけではまだ依頼したことにはならないため、住んでいる地域で最も早く訪問見積もりができる業者を見つけましょう。価格やスタッフの質もチェックすべきですが、車庫から車が出せなくなっているというような状況だと、相当不便ですので早いに越したことはありません。

 

シャッターを応急処置的に上げっぱなしの状態にするなど、完全に修理ができるまでの対策をしてくれる業者が多いので、故障の状況となにで困っているかを伝えて、きちんと対処してくれるシャッター修理業者に依頼するようにしましょう。相談対応も修理対応も早いほうがよいので、24時間365日対応の会社でも修理そのものが遅ければ当てにできません。

 

シャッターを外してしまうのもあり

あなたにシャッターを外すだけの技術と、メーカーの保証範囲に問題がない場合は使えなくなっているシャッターを外してしまうのも良いでしょう。シャッターが開かない、または、閉まらない時点で不便なので、交換や修理前提で、メーカーや施工会社に確認の元、先に外してしまうのもひとつの対策としては可能です。

 

シャッターを外すためにはそれを固定するものや、特殊な工具が必要になるので、工具から購入して揃えないといけない可能性もあります。余計に手間がかかってしまうこともあるので、シャッターを外せるのはごく一部の人だけでしょう。

 

移動方法を工夫しよう

車を車庫から出せない状態の場合は、電車やバスなどを使うしかありません。自転車ならば車庫の中からでもギリギリ出せるかもしれませんが、車庫が使えない状態はよくないので早めに修理依頼を出しましょう。車庫に車を入れられなくなっている時はコインパーキングなどを一時的に使用するか、家の前に駐車するしかありません。

 

しかし、交通の阻害になってしまうような場所では家の前に路上駐車できないので、余計にお金がかかってしまいます。その場合は車庫の中に車を入れてしまったほうがコストを抑えられるので、シャッターをなんとかあげきってから、修理依頼を出すのもありです。

 

まとめ

シャッター修理がすぐにできない場合は、何かしらの対策を個人で講じるしかありません。車を駐車できない場合は、余計にお金がかかって損をするので、日頃から頼りにできるシャッター修理、メンテナンス業者を見つけておくと安心です。

比較ページへのリンク画像