シャッターが壊れるまでの平均期間

シャッターが壊れるまでの平均期間

シャッターが壊れるまでの平均期間

どんなものにも耐用年数というものがあり、シャッターは基本的に15年以上は持つと言われています。しっかりメンテナンスをしてもサビや金属の劣化は起こるので、一定期間経過したら交換や改修が必要だと考えていたほうが良いです。

 

15年は長持ちしてくれる

車庫シャッターや窓シャッターは、最低でも15年から20年は持つと言われていますが、きちんとメンテナンスをしていればさらに長く使い続けられるでしょう。しかし、シャッターの外見的な部分だけでなく、巻取り部分や軸部分はどうしても負荷がかかりやすいため、いくらメンテナンスをしても足りないことがあります。

 

そのため、耐用年数と言われている15年を経過しているものは、早めにメンテナンスを依頼して見てもらい、必要に応じて交換やシャッター修理をしましょう。破損してからでは修理費用がさらにかかってしまうので、早めの対処が最もお得です。

 

壊れる時は一瞬で壊れる

シャッターは窓や車庫を守るためのものでもあり、防犯や災害対策としても頼られています。そのため、万が一の時にはシャッターの接合部分から破損したり、シャッターそのものが外れて落下してきたりと、一気に壊れてしまいます。台風や地震の時には特に強風や家の歪みの影響でシャッターも破損してしまう可能性があります。

 

それでも、家や車、窓を守ってくれているのであれば、シャッターとしての役目は果たしてくれたと考えて良いでしょう。シャッターがなければ窓が割れたり、車が壊れたりしますが、シャッターが代わりに壊れてくれれば本来の役目を果たしているといえます。

 

シャッター修理の費用はかかりますが、家の保険などを活用してお得に修繕できれば、コストは多少なり節約できるでしょう。

 

シャッターの壊れやすい部分

シャッターはそれを動かす可動部分である軸部分、軸受部分はとても壊れやすいです。それでも15年ほどは持ってくれると言われていますが、環境や使い方、使用回数に応じて劣化が進んでしまうので、日頃のメンテナンスや優しい使用が大切です。

 

シャッターを開閉する時のレールガイド、スライドする部分も摩耗が進みやすいので劣化が早いです。レールからシャッターが外れてしまうとそれだけで部分的に破損するため、ガタガタとシャッターが音を立てて揺れるようになったら、そろそろ点検やメンテナンスが必要な時期です。

 

まとめ

シャッターは最低でも15年ほどは壊れずに使えるはずですが、ものによっては劣化が早いのでできるだけメンテナンスと点検を欠かさずに気をつけて使用しましょう。

比較ページへのリンク画像