シャッター交換やシャッター改修も考えよう

シャッター交換やシャッター改修も考えよう

シャッター交換やシャッター改修も考えよう

シャッターは長年使っているとどうしても劣化する部分があるため、修理だけでなく改修、交換を考えるのもおすすめです。10年、20年使ったシャッターならば、新しいものに交換すると相当軽くて使いやすく、頑丈になっているので安心です。

 

シャッター交換でかなり改善できる

シャッターが重くて動かしにくかったり、修理しないといけなかったりするとそれだけで費用ばかりがかかって、古いシャッターのトラブルが改善されないままになることがあります。10年以上使用しているシャッターほど、使用している材質や素材が古いのでいくら頑丈でも重くて使いにくい物が多いです。

 

そのため、修理ではなく、新しい素材を使用したシャッターへの交換をした方が結果的に安く、良いものを入手できる場合があります。軽量化されていて、より頑丈なシャッターを使用できれば、シャッター開閉の負担も減り、修理するよりもコストダウンできる可能性があります。

 

電動シャッターも魅力的

電動シャッターに交換してしまうのも、意外とおすすめです。近年の最新の電動シャッターは耐久性も高く、故障しにくい構造になっているものが多いため、古い手動シャッターを無理して修理して使い続けるよりもトータルコストが安く済む可能性があります。

 

電動シャッターへの交換には15万円ほどかかってしまいますが、古い手動シャッターを毎年2万円かけて修理し続けるよりはマシです。電動シャッターも最低限の機能だけを備えているものは安く設置できるので、よいシャッター業者を見つけて、希望や目的に合ったシャッターを導入するようにしましょう。

 

部分的な交換もおすすめ

シャッターの部品を一部だけ交換するというのはよくあるシャッター修理の方法です。シャッターの巻き込み部分の軸や軸受のパーツだけ交換すれば、だいたいの問題が解決することがあるので、シャッター全体の交換ではなく、一部分だけ交換するようにすれば、余計なコストは掛からなくできます

 

シャッター修理はそれだけでお金がかかってしまうので、少しでも節約できる方法を調べて、シャッター修理業者に提案できるようにしたほうが良いです。シャッターの歪みがある場合は、歪んでしまったシャッターだけを交換すれば出費は相当抑えられます。

 

まとめ

シャッター修理で、更に長くシャッターを使い続けられますが、どうしようもない劣化や交換部分が多い修理になる場合は、新しいシャッターに買い替えてしまったほうがコストダウンできます。

比較ページへのリンク画像