シャッター修理をする時に気をつけること

シャッター修理をする時に気をつけること

シャッター修理をする時に気をつけること

シャッター修理を依頼する時には、それにかかる費用と施工において壁や車庫など関係ない所に傷をつけられないように注意する必要があります。また、悪徳業者もまれにいるので、だまされないように注意しましょう。

 

シャッター修理の悪徳業者

シャッター修理はそこまで高額なお金がかかりませんが、時には、修理を中途半端に終わらせるだけできちんと修理をしなかったり、保証期間内でも対応してくれなかったりする悪徳業者が出てくることがあります。

 

こうした業者は、接客態度や訪問見積もりなどの段階で契約説明がおかしいことが多いため、信用できなさそうだと思った場合は依頼しないようにしましょう。

 

消費者生活相談センターには毎日多数の相談が寄せられており、数万円から数十万円騙し取られたというような事例もあります。安全な見積もりサービスを利用していれば悪徳業者に出会うことはまずないので、気をつけて修理業者を見つけましょう。

 

シャッター修理後の動作確認が大切

信頼できるシャッター修理業者に直してもらっていても、修理後にはきちんと動作確認をして、修理前後の違いをはっきりと理解しましょう。故障の仕方とできた修理の状況によっては、動作音、シャッターの重さなどに差が出ることがあるので、スタッフがいる間に動作確認をしてきちんと直っていることを確かめましょう

 

スタッフの修理を通しても、どこかミスが起きている可能性やネジが余ってしまっている可能性があるので、怪しい点や不審な動作がないかどうか確かめるのはとても大切です。シャッター修理業者を信頼しながらも、過信はせずに、安全確認を怠らないようにしてください。

 

業者選びと個人情報に注意

シャッター修理を依頼すると、どうしても家の内部の様子や車の車種、車庫内にあるものを見られてしまいます。業者を信頼できても、アルバイトやスタッフひとりひとりまでは人間性を確認できないので、あまりにも高価なものや盗難されたくないもの、見られたくないものは訪問見積もりをしてもらう前にしっかり隠しておきましょう。

 

いつどこで危険な状況になるかは明確ではないので、業者選びと個人情報の流出が起きないように注意が必要です。

 

まとめ

シャッター修理をするときにも、修理に失敗しないように、家族のプライベートが守れるように気をつけましょう。シャッター修理後の動作確認も大切なので、油断しないようにしてください。

比較ページへのリンク画像